物忘れ 病院

MENU

物忘れで病院に行く場合の診療科と行くべき場合

久しぶりに会った人の顔はわかるのに名前がどうしても思い出せなかったり、約束をしていたのにその約束をすっかり忘れてしまったりなどという経験は多くの方が一度や二度は経験のあるものです。

 

ごくたまにであればそれほど心配するということはないかもしれませんが、頻繁にそういったことがある場合は何か病気が隠れている可能性も高くなりますし心配なものです。

 

特に年齢と共に認知症の不安も高まりますので、心配な場合は出来るだけ早めに病院を受診することが大切です。

 

しかし、物忘れの場合どの診療科を受診すれば良いのか迷ってしまうものです。

 

まずは、かかりつけ医などに相談することが望ましいです。

 

かかりつけ医であれば、その人の基本的なデータを所有していますし、必要性を感じる場合には専門の病院などを紹介してもらえるからです。

 

しかし、かかりつけ医などが無いという人も少なく無いです。

 

そういった場合は、基本的には神経内科などを受診するという形になります。

 

しかし、最近ではもの忘れ外来というものもあります。

 

もの忘れ外来とは、その名の通り物忘れに関する不安に対応しているものです。

 

それでは、どういった物忘れの症状が出たら受診をするべきなのかです。

 

まず、固有名詞を忘れるというようなパターンは基本的に心配いらないケースが殆んどです。

 

しかし、食事をしたのに食事をしたことを忘れてしまうというのは非常に危険です。

 

また、電話のかけ方やかけることで何が出来るかなど、今まで普通に出来ていた行為の意味がわからなくなるというのも脳の神経細胞にダメージが出ている可能性が高くなります。

 

また、突然がんこになったり、身だしなみに気を使わなくなったりするというケースも危険な場合があります。

 

自分で異常が認識できる場合でも家族が気づく場合でも、なるべく早く対処することで改善の可能性は高くなります。

 

また、認知症以外にもうつや甲状腺の機能低下、すい臓がんなどの可能性もあるので注意です。