物忘れ 病気

MENU

認知症は物忘れではなく病気のため早期発見が大切

現在65歳以上の方のうち10人に1人は認知症にかかっていると言われています。

 

更にこれから高齢化社会を迎え認知症にかかる方は急速に増えていくのではないでしょうか?

 

また、認知症患者には介護が必要になる事が非常に多く家族の負担はとても大きいです。

 

施設に入所する事ができれば家族の負担は減りますが費用がかかりとても大変です。

 

自宅で介護するとなると、仕事を持っている方などは介護の為に退職しなければならなくなったという事態も起こります。

 

また、自分の自由な時間がなくなってしまいます。

 

更に、御飯を食べたのに食べていないなどと言われることも多くストレスを感じる事も多くあるのではないでしょうか?

 

しかし、認知症を年のせいだと思われている方は多いのではないでしょうか?

 

認知症は、年をとった事による物忘れではなく病気です。

 

しかし、認知症を早期発見する事は非常に難しいです。

 

何故なら、認知症による物忘れを年のせいにしてしまう方がとても多いからです。

 

また、物忘れをしていること自体を忘れてしまうことが挙げられます。

 

更に、自分自身も認知症の症状に気がついていても不安な気持ちなどから隠そうとする行動をとる場合があるからです。

 

そのため、家族からの情報は非常に重要になります。

 

認知症の中で一番多いアルツハイマー病は、記憶障害や時間、場所が分からなくなったり人の名前がでてこないなどの症状がでます。

 

また、人格の変化や抑うつ症状がでる事もあります。

 

更に初期のアルツハイマー病の場合、日常の会話だけでは全く気がつかない場合が多いです。

 

しかし、初期の場合でも記憶障害の症状があるため早期発見が重要です。

 

このように、認知症は社会生活や日常生活に影響を及ぼす病気です。

 

また、認知症の初期の診断には治療方針を決めるため詳しい検査が必ず必要です。

 

早期発見には家族の協力が不可欠のため行動や言動がおかしいと感じた場合にはすぐに専門医を受診する事をお勧めします。