物忘れ 対策

MENU

対策をすれば物忘れをある程度防ぐことが出来る!

皆さんは物忘れをしますでしょうか。

 

物を忘れる事と縁のない人間はいませんが頻繁に忘れるようになると困るのもまた事実です。

 

これから物忘れ対策について書かせていただきます。

 

まず物を忘れる原因から考えましょう。

 

その原因、それはストレスです。

 

ストレスがたまると精神的なプレッシャーがかかり、脳のリソースをそちらに取られてしまうので結果肝心な事を忘れてしまうのです。

 

ではどうすればいいのでしょうか。

 

ストレスをためなければ済む話なのですが、この現代社会ストレスと無縁の生活を送るのは難しいでしょう。

 

となると心を強くして、ちょっとやそっとの事では動じない心身を作るしかありません。

 

後は小細工として、精神を安定させるセロトニンという物質を増やすという手があります。

 

この物質は軽い運動をしたり規則正しい生活をしたら増えていくので、そのような生活をしながらこつこつと増やしていくしかないでしょう。

 

ちなみにストレスの他にも物を忘れる原因があります。

 

それは脳の老化です。

 

年を取ると物忘れがはげしくなるのは、年を取ることにより脳細胞が減っていき、記憶容量が減ってしまう結果として起こるのです。

 

ではどうするべきか、答えは日常生活の中にあります。

 

日常生活の中で、起伏に富んだ生活をして心を躍らせるのです。

 

マラソンをしてもいいですし、本やドラマで感動するのもいいです。

 

とにかく体を動かし、物を考え、心を動かせ、脳を活性化させるのです。

 

それでも脳の加齢は避けられませんが、その速度を緩めることは出来ます。

 

速度を緩めれば物を忘れることも少なくなるでしょう。

 

ストレス、加齢が物を忘れる主要な原因なのですが他にももう1つだけ原因になる事があります。

 

それは偏った食生活です。

 

肉と炭水化物だけとっていては脳によくありません。

 

魚や卵、豆腐などを積極的にとってDHAやアセチルコリンを補給し脳の記憶力を維持しましょう。

 

最後になりますが、ストレス、加齢、偏った食生活は物を忘れる原因になります。

 

加齢そのものはどうしようもありませんが、対策できるものは対策をして物を忘れない生活を心がけましょう。